×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


物件名 OI 劇場(別名:K座)
所在地 ***
探索日 2005年4月16日
廃墟日 1986年の年末頃
分類・規模 娯楽施設(大衆演劇&ストリップ場)
撮影者 TEL
写真コメント pcfx


山から飛び出す形で作られた劇場がありました。



もう藪に埋もれて見えなくなりそうです。



入場はこちらから。廃墟入場料。



ザ・ドサ。自らドサ回りを宣言する。演劇界には専門用語がある。



着物を着て化粧して演技を見せるという商売。その需要は絶滅寸前。



江戸時代でなければいけない時代劇。室町や鎌倉ではダメなのか。



チェリオの自販機。pcfxはスイートキッスが大好き。ゲルニカ飲料。改造への躍動。



舞台。もう時代劇しかできない作りだが、南国娘ストリップもやっていた。



MK座のようなピリピナメモリアルが残る。



楽屋兼南国娘の寝床。客がついた日はベッドで眠れる。



読むと必ず頭が悪くなる女性誌。バカ発生装置。化粧・衣装・金・恋愛・結婚マニア総合誌。



バブル前に止まった。バブルを知らない南国娘もいた。



上階にも控え室があった。



高い所にある照明さんのブース。



そこからは舞台を一望できる。



但しそこまでの階段はとても狭くて急だ。



事務所は引っ掻き回されている。



ギターをしょって港町で哀愁に暮れるというファンタジーが昔あった。



植物と時間によって、そんな記憶は見えなくなっていきます。



物件の感想 by TEL

寂れた温泉地のはずれの方に立地する物件。他の現役施設に埋もれて天然の迷彩服を
まとっております。

大衆演芸を公演する演芸場だったようですが、何時の頃からかストリップも上演するように
なったようです。

ただし、大衆演芸とストリップを演目の違いとして同時期に上演していたのか、ある時期を
区切りにどちらかの演芸場、ストリップ場と特化して行ったかまではわかりませんでした。

すでに紹介したストリップ劇場と同じくして踊り子さんの楽屋には落書きがたくさん残って
おります。

国内各地の温泉街にはさびれて廃業していくホテルが数多く有ります。
ホテルはわりと建物が大きいので目が行きますが、その片隅でひっそりと廃業していく店舗
たちもあります。
時代の流れと言えば、その通りなのでしょうが切ない物が胸に去来するのも事実です。