×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名称 SZ茶屋
所在地 ***
探索日 2004/11/19
廃墟開始日 1999頃と推察
分類・規模
飲食店(形ばかりのカラオケ併設)
撮影 YOCHI
写真コメント pcfx


イノシシ父さんとシカ母さんが台無しにした看板。自己破壊を内包しエントロピー抑止。



雑草帝国の支配化に置かれる茶屋。セイタカアワダチ兵がパトロール。



ボヤを出している。見た限りでは換気扇から出火しているようだが。



茶屋の厨房設備は80年代初期のもの。その頃開店か。



肉料理が主体だったと思われる厨房の構成。



ロースター付きテーブル。しかし天井には個別の換気扇がない。調理済みが多かったらしい。



イスが畳になっているが、これは座敷というのか。



従業員用の部屋。休憩室か?揃えてある靴がなんかイヤだ。



店の奥に唐突にカラオケ。持込禁止。



レーザーディスクカラオケのチェンジャーがあった。90年代中期の物だ。



真っ赤なステージで歌う。曲は神田川。



ハラハラメニュー、ドキドキ料金。茶屋にもいろいろある。




物件の感想 by TEL

まだ人々が歩いて旅をしていた時代、山賊が出ると言われていた峠に立地しております。
DQNに荒らされた形跡はありませんが、物件突破の1番槍は野良人だったらしく野良生
活跡が残っておりました。しかし、そんな野良人生活の残留物も2年前で時が止まったま
まとなっております。

しし鍋、鹿肉など店名に負けないワイルドな料理を提供していたようですが人気が有った
かは今となっては現役時に行ったことの無い私では知る術もありません。

外には何も書いていないのに店舗内奥には唐突にカラオケルームがあり面食らいました。
経営戦略の一環だったのでしょうか・・・

尚、今回の写真は何故か私の写真がどっか行ってしまった為に全てYOCHI氏の写真で
御送りいたしました。