×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名称 自動車関連施設
所在地 ***
探索日 2004/11/19
廃墟開始日 不明
分類・規模
会社及び寮(推測)
撮影 TEL
写真コメント pcfx


なんだかわからない廃墟登場。



作りはガソリンスタンド。まず間違いない。



しかしそこには家っぽい建物。スタンド兼修理工場?



内部はガラガラ。登る階段と下る階段。



1階は他に金庫と洗面台くらいしかない。あと縞パンツ。



階段登って二階は住居だったらしい。不思議床の間。



階段を降りてみた。じつはここが1階で入ったところが二階であることが判明。



オイル缶くらいしか見る物はない・・・はずだったが・・・・



別の建物があった。寮だったのか??



何かイヤな感じを受ける建物。



内部は湿気と経年でユルユル空間。



落ちた天井と、それでも頑張る蛍光灯のカサ。



なにか黒板のような所に、チョークでなにやら書いてある・・・



2004年6月5日〜9日頃、ここで子猫を観察していた女の子がいた事がわかった。



ここでネコがぐったりしてた。



物件の感想 by TEL

日本の大動脈とも呼ばれる大きな国道沿いに位置しております。
その立地と物件の色あせたカラーリングよりガソリンスタンドでは?と推測致しました。
しかし、ガソリンスタンドにありがちな事務所が発見できなかったので自動車修理工場
の可能性もあるかもしれません。

複数のオイル缶が残存していたのでスタンドにせよ修理工場にせよ自動車にからんだ
物件だとは思いますが・・・真相は解りません。

また、その裏手に寮のような建物があり、その室内は前述の建物2階の居住区と同じ様
な規格だった為に関連アリと推測しましたが・・・これも真相不明です。

何もかも不明の上見所がないのでアップは見送ろうかとも思いましたが最近更地化した
らしいもので追悼記録としてpcfx氏にアップ要請致しました。

唯一の見所は物件本来と何もかかわりの無い後付のネコ観察記です。ネコのその後が
気になります。