×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名称 DRの湯
所在地 ***
探索日 2004/12/18
廃墟開始日 不明
分類・規模
公衆浴場(健康センター)2階建て中規模
撮影 TEL
写真コメント pcfx


当時のカメラの性能の限界で見苦しいが、ススキの向こうに大きめ廃墟。



エントランスに入ると、もうここが工事の真っ最中だった事が判明。遅すぎたか。



フロントの裏には夥しい数のキーボックスがある。何人収容するつもりだったのか。



フロントの内側にはアンチョコあり。タオルも貸出。



この施設の本体。湯が道楽だったのか、経営が道楽なのか。



タトゥーがイレズミかどうか意見が分かれる。体に絵を書くのは自由だが消すとき大変。



まあ、温泉で治療するくらいなら病院行けって事ですな。



日本人は世界で最も風呂好きな民族だ。pcfxも静ちゃん並みに風呂好き。



割と広くて浴槽もたくさんある。



ここに肉慢とかおいたら蒸せるかもしれない。つまり人間も蒸せる。



ペンキ塗り途中。紫。今度も長くなさそうだ。


風呂から上がると腹ごしらえ。2階にいってみよう。



フードコートがあった。でも風呂上がりは浴衣に畳部屋でビールじゃないか?やはり。



しかしpcfxは食券制の店が大好きだ。食券が「物を食べる権利の象徴」に感じる。



風呂に来てちゃんこを食べたいだろうか。企画にも問題があったのかも。



もうお好み焼きでいいや。




物件の感想 by TEL

「DRのゆ」に変わる前も健康ランドPという廃墟物件だった。
探訪時は改装中の真っ最中で、また健康ランドに生まれ変わると思われる。

2階部分はもう取り壊されており、ただの工事現場となっていた・・・。
工事中のせいもあり、警戒厳重。柵も高い。進入困難のうえ、進入しても工事現場と
いう骨折り損のくたびれもうけ物件。

過去に「P」でつぶれ、その後当該物件の「DRの湯」になりまたつぶれ、さらに
改装して生まれ変わるとは・・・三度目の正直もあるかもしれません。(オーナが変わって
いるか同一なのかは知りませんが)

次こそは成功する事をお祈りします。またつぶれたらまた見に来ますね。