×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名称 和風レストランHY
所在地 ***
探索日 2004/12/10
廃墟開始日 昭和60年頃と推察
分類・規模
飲食店(SLが走るレストラン)
撮影 TEL&YOCHI
写真コメント pcfx

SLの代名詞、D51が新幹線の客車を引いて走るSLレストラン。



見上げると、そこには確かにSLがあった。



非常口には看板が落下。いく手をふさぐ。



内部に少し入ると、荒れ果てたエントランスが我々を迎える。



赤い橋、和風庭園、シャンデリア、そしてサンフラワー。異時元的インテリア。



ここのオーナーは乗り物に執着があったようだ。



無機質な従業員ボックス、無茶苦茶に破壊された時計。この空間の狂気を表している。



上にいってみよう。



ここはDQNサバゲーマーが徹底的な破壊をした。もう壊せる物は全部壊している。



ここまで壊さなければならない理由が知りたい。



ダミーの樽酒まで開封。持った時点で空なのは明白のはず。



個室の窓は船のような丸窓。凝っている。



3階からの眺めは住宅地が見えるだけ。



部屋の中はこんな感じ。部屋の外に線路があり、料理を運んで来るといった按配。



一方、厨房では新幹線の客車がオカモチになっていてスタンバっている。



ここに料理を入れて発進!TELが奇声を上げて喜ぶ。



SLが客室の周りを回って料理を運ぶ。特急の場合は止まらない。



蒸気機関車の代名詞、デゴイチ。



その凝りよう。ボイラーや石炭まで再現。999だとここから中に入れる。メーテルはすぐ脱ぐ。



パンフレット。SLの走る和風レストランが売り。子供大喜び。



当時のマッチ。焼肉屋も併設。



ビールの値段から、さほど高くなかったと思われる。茶碗蒸しも安い。



営業当時はこんなにも美しかった内装。おいしそうな料理。今はズタズタでボロボロだ。



線路は続くよどこまでも。さようならSLレストラン。




物件の感想 by TEL

内部に入ると、BB戦士の交戦跡多数。激しい戦闘が繰り広げられた模様です。

「SLの走るレストラン」・・・幼い頃、この物件のではありませんがTVのコマーシャルを
微かに憶えています。(年齢バレます?)

あの頃感じた憧れ…。この物件で思い出します。結局SLが料理を運んでくるレストラン
には連れて行ってもらった事が無いのですけども。

しかしあの頃より大きく成長しきった今、時を越えて親に連れられてではなく自分の力で
やってまいりました。(廃墟ですが)

外観・入口付近・・・破壊されてます。ガラスもプラスチックも割れるものは全部割られて
います。現役時代にホテルのように車を横付けできた面影はありません。

内部に入ると庭園風の吹き抜け外周をスロープと橋を渡りながら2階・3階へと上がる
構造になっています。

2階はほぼ同じ作りの個室が連続してあります。その個室の窓の外にはこの物件のキモ
のSLが走る線路があり、料理を運んでくるようにとなっております。窓の外にはSLが
健在です。D51のプレートが付いています。ちなみに3階のSLはC58でした。3階には
大宴会場なるものがありました。宴会場の丸い窓が船をイメージさせます。(・・・難破
しちゃったのか)

宴会場にはSLの線路が延びていません。SLでは運びきれないのが解ります。ここで
宴会すると名物のSLとは係わり合いになれないのが残念だった事でしょう。

あと、1つ疑問が。2階、3階のSLですが線路が1本延びてその先は行き止まりです。
料理を運んだSLはバックして厨房まで戻ったのでしょうか…?

天然、人為的両サイドからの激しい侵食を受けながらもこの物件は存在しつづけてい
ます。

もう走る事の無いSL・・・
建物が無くなるその時までひっそりとあり続けて欲しいものです。



物件の感想 by pcfx

70年代後半から銀河鉄道999のアニメに触発されたSLブーム、また鉄道ブームという
ものがありました。その年代から鉄道ファンが急増したといいます。

店内をNゲージが走り回る喫茶店、ここよりも、もう二周り小さい列車が料理を運ぶ店が
次々とオープンし、子供たちを喜ばせました。

現在でも、列車が寿司を運ぶ回転寿司にTELとよく食べに行きます。その度にこの物件
を思い出します。


もうそろそろロボットが料理を運ぶ店があちこちにできる事でしょう。ドジっ娘メイドロボは
20%の確率で料理をこぼします。指名しないように注意してください。