×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


名称 ホテルSG
所在地 ***
探索日 2004/12/20
廃墟開始日 2003年12月頃
分類・規模
宿泊施設(ラブホテル)(1階は駐車場・2階部分が客室合計8部屋)
撮影 TEL
写真コメント pcfx


道路沿いに割と堂々とあるラブホ。



蝶が舞う壁画。ラブホと字では書いてないが、蝶の絵がそれを物語る。



裏に回ると駐車場。ラブホにしてはコンクリが頑丈だ。



内部は廊下に対面式ドア。こちら側を通る人はあまりいない。だが広々。



全室回ってみたのだが



全室鍵がかかって入れないようになっている。



事務所も入れない。



仕方がないので従業員通路を探索。マッチ発見。



マネキンモデルのビデオ放送案内誌。美人ほど人形に近くなる顔立ち。



優待券があまりにシンプル。ボンドのヘラの方が主張がある。



廊下に、なぜか女子中学生の研究発表が落ちていた。オーナー家族の物か?



ジャガイモをすりおろしてデンプンを検出。



しかしなぜ、これが通路に落ちていたのか、その事情を考えると夜も眠れない。



入れなくて残念だ。またしばらくして来よう。



物件の感想 by TEL


客室は1つも入れない!
1階の廊下と二階の従業員用通路を歩くことが出来るだけ…
事務所も入れません。

あんまり書く事は無いんですが、1階に**中学校の**さんの自由研究の発表が
落ちています。